toggle
Blog
2019-08-18 | イベント報告

2019年7月25日 静岡大学教育学部附属浜松小学校 5,6年生 林間学校

附属浜松小学校5,6年生の“林間学校”が例年通り「朝霧野外活動センター」を拠点に実施されました。NPO法人富士山ネイチャークラブは、2日目(7月25日)に行われた「宝永山」「竜ヶ岳」「パノラマ台」コースの登山をサポートいたしました。梅雨が明けず雲の多い天候でしたが雨に降られることもなく無事登山が出来ました。この学校の子どもさんたちは、「積極、果敢な活動」が特徴で受け継がれた伝統とも言えます。今年も各コースで積極的な活動が輝いていました。その模様をリポートします。

 

■宝永山コース

宝永山コースには62名の子どもさんが参加しました。「富士宮口五合目→六合目→宝永第一火口底→宝永山」の往復コースを約5時間かけて歩きました。富士宮口五合目と宝永山の標高差は約280m。特に第一火口底からの急な登山道は大人でも大変です。しかし子どもたちはお互い声をかけ合って励まし合いながら、最後まで頑張って登り切りました。

宝永火口の大きさに只々驚く子どもさん、雲の隙間から時々覗く宝永山の姿に歓声をあげる子どもさん…それぞれの自由な想像力で宝永山登山を楽しんでいる様子でした。

日々遠くから眺める美しい富士山からは想像もつかない、富士山本来の荒々しい姿を直近に体感できたのではないでしょうか。ゴールに辿り着いた子どもたちの表情は満足感で一杯でした。<リポート 湯山>

IMG_5480

IMG_5487

 

■竜ヶ岳コース

竜ヶ岳組は30数名の子どもさんと「本栖湖キャンプ場→竜ヶ岳→端足峠→東海自然歩道県境」のコースを約6時間かけて歩きました。標高差は約600m、始まりの登山口からの登りが少し急なのでゆっくりとスタート。見晴台や石仏のあたりで本栖湖や樹海を見下ろしながら竜ヶ岳の山頂へ。山頂へは予定より少し早く着いたので、昼食をとって、たっぷり自然の中で遊ぶことができました。長引いた梅雨のため富士山は雲に隠れていましたが、みんな元気に登山を楽しみました。 <リポート 上岡>

DSC_0979

DSC_0980

 

■パノラマ台コース

パノラマ台コースは17名の子どもさんと「精進湖県営駐車場→根子峠→パノラマ台→烏帽子岳→本栖登山口→樹海→本栖県営駐車場」のコースを歩きました。登山道の岩肌(積層岩)からこの山が海底から隆起した山であることが観察出来ました。パノラマ台までの標高差は420m、根子峠までの登りが勝負となりましたが、子どもさんの頑張りで予定より早い時間にパノラマ台の頂上に立つことが出来ました。頂上からは残念ながら富士の頂を観ることは出来ませんでしたが眼下に広がる広大な樹海を観察することが出来ました。後半は烏帽子岳を越えて本栖湖登山口に下山、そこから樹海を経由してゴールの本栖湖県営駐車場に全員無事到着することが出来ました。<リポート 田中>

s3

s2

 

2019.8.12 環境省主催 富士山自然観察会 FNCスタッフ参加

「山の日」記念 お中道を歩く「富士山自然観察会」に参加しました。主催は環境省関東地方環境事務所。講師は中野隆志先生(植物/森林生態学)と吉本充弘先生(火山地質学、富士山噴火、火山防災、岩石)のお二人。富士山の植物と火山地質を同時に学ぶ大変贅沢な観察会となりました。

■観察のキーワード(順不同)

マグマ溜り、火山ガス、菌類/藻類、地衣類、カラクサゴケ、瞬間冷却、ギャップ、更新/変遷、枝と樹齢、風衝樹形の成立ち、温暖化と植生、高温酸化、コケモモの寿命、年輪の偏り、気孔、オンタデ/フジハタザオの違い、雪と植生、セーフサイト、ナースプランツ、ゲリラ形、根圏、1:2:1、長枝/短枝、根粒菌/窒素、GPS、溶結凝灰岩、お中道/シカ、大シラビソ/シラビソ  などなど

■講師の先生からのメッセージ

地質学も植物の生態学も研究内容が日々進歩している。古い文献は「古い研究」であり、今となっては間違った解釈も多い。勉強するなら、出来るだけ最近の文献で勉強して欲しい。

■FNCスタッフの参加

本観察会には、FNCスタッフ8名が参加しました。富士山の最新の研究結果を学ぶとともに、今後のネイチャーガイドのあり方を考える上で大変良い勉強になりました。 ネイチャーガイドは研究者ではありません。あくまでもインタープリターとして自然を分かり易く紹介し、生徒さん達に自然の偉大さと自然(環境)の変化や課題について思慮を高めて欲しいと願っています。

観察会の模様です。

s1

s2

s3

s4

s6

s7

s8

 

観察会に参加したFNCのスタッフ

s5

<リポート 田中>

 

 

2019-08-08 | イベント報告

2019年8月 草木染め

2019年8月5日、スポーツクラブ夏休み合宿の体験イベントで「Tシャツの草木染め」を楽しんで頂きました。持参した白のTシャツに好みの模様を付けて、世界で一つのオリジナルTシャツの完成です。今回使用した染め液は「セイダカアワダチソウ」、雑草の最たるものですが、綺麗な黄色に染まります。オフタイムに早速試着されるとのこと、山中湖での良い思い出になれば幸いです。

s1

<リポート 田中>

2019 「夏休みホームワークスタジオ」ご案内

夏休み恒例のイベント「夏休みホームワークスタジオ」を今年も山中湖花の都公園フローラルドームで実施します。ご家族揃ってお出かけ下さい。自然素材をふんだんに準備して、皆さまの創作活動を懇切丁寧にサポートいたします。

ご予約は不要にて、直接会場にて受付けいたします。

・開催期間  2019年 8月10日(土)ー8月17日(土)

・開催場所  山中湖村 花の都公園 フローラルドーム内

・時間  10:00-15:00

・主なメニュー

「フォトフレーム」「タペストリー」「ふわもこ」「リース」「森の時計」「どんぐりキーホルダー」「どんぐりブローチ」などなど。今年は日によって特別メニューも用意しております。

IMG_2109

アンの帽子

時計2

フォト3

DSC_0347

ブローチ (1)

皆さまのご参加を心からお持ちしています。

<田中>

2019-07-22 | イベント報告

2019年7月 森のようちえん ウブントゥ 「ナイトハイク」

2019年7月19日「森のようちえん ウブントゥ」の元気な園児さんと山中湖の森で「ナイトハイク」を実施しました。薄暮の時間に富士山をバックにオープニング。元気な声であいさつ頂きました。そして、夜の森の楽しみ方や、注意事項をお話ししましたが、いつもながら感心することは、園児さんが「しっかり人の話しを聞き、理解しようとする態度が出来上がっている」ことです。あっという間にコミュニケーションが図れる関係が出来上がりました。

いよいよ森に入っていきます。視界が利かなくなると、他の感性が高まってきます。匂いや音や触感の高まりを実体感して頂きました。園児さんたちの感性は大変敏感です、風の匂いを感じ取り、動物の気配を感じ取り、葉っぱの音や虫の音を聞き取ります。

s1

s2

森が完全に暗やみにつつまれた頃、いよいよ「勇気の二人歩き」、「勇気の一人歩き」を体験して頂きました。これは「肝試し」ではなく、人間の五感の威力を実体験するイベントです。全ての園児さんがクリアーして、森を後にしました。途中、可愛い光を放つヒメ蛍も発見しましたね。

広場に戻ると皆で寝転んで空を見上げ星を探しました。あいにく曇り空でなかなか星を見つけることは出来ませんでしたが、富士山の山小屋の光が頂上に向けて連なっている光景を眺めながら夏の夜を感じて頂きました。

<リポート 田中>

2019-07-22 | イベント報告

2019年7月 聖ヨゼフ学園小学校2年生体験学習

ウォークラリー/ナイトイベント/石割山登山

2019年7月10~12日に行われた聖ヨゼフ学園小学校2年生のみなさんの体験学習を2日間サポートさせていただきました。今年は梅雨の晴れ間になかなか巡り合えない年ですが、企画された野外活動もでき、力いっぱい活動して頂きました。

■1日目(7月10日)

午後から山中湖文学の森で、「ウォークラリー」を行いました。「1年生のとき、ナイトハイクで来たところだね」と、生徒さんたちは昨年行ったナイトハイクをはっきり覚えていました。思い出の森で、今年はグループに分かれ、ウォークラリーです。地図と方位磁石を持って、いざ出発。8つのポイントを探し当て、そのポイントでの課題をクリアし指令通りに通過したらゴールです。

「こっちだよ」「違うよ、あっちだ」と、地図とにらめっこしながら同じ道を行ったり来たりする姿も。先生方のアドバイスも控えられる中、初めての場所を生徒さんだけで進む挑戦は、不安も背中合わせです。しかし、生徒さんたちだけで力を合わせ頑張りぬく姿は頼もしく、無事ポイントに到着して見せてくれた笑顔は最高でした。

DSC_4980

DSC_5000

ss2

s1

s2

s4

s3

s5

夜は五感を研ぎ澄ます「ナイトイベント」を体育館で行いました。照明を消し、真っ暗な中を歩く体験から、野草のにおい当て、シルエットクイズ、箱の中身当てを行いました。最後はみんなで横になって静寂の中から聞こえる音に耳を澄ましました。終了後、「暗くてもだんだん見えるようになった」との感想もあり、人間がもつ五感のすごさを体感できました。

<リポート 関口>

 

 

■2日目(7月11日)

2年生にとってはかなりハードな登山となる「石割山登山」に挑戦しました。最初の関門は400段を超える石段の登りです。皆が声を掛け合って、励まし合い、全員が無事登り切りました。ここから石割神社までのコースには、かつてこの山が海の下から隆起した証拠がたくさん見つかりました。ある生徒さんは「この辺は塩の匂いがする」との感想も。大地が長い時間をかけて「動いている」ことを確認出来ました。

石割神社では、巨大な岩の割れ目を一回りしてお祈りをしました。そして、ここから先、この山の難所が続きます。一人一人の生徒さんが自力で突破して頂上立った姿は大変頼もしく思いました。「頑張ったね!」の言葉に、「今日はとても良い体験が出来ました」という生徒さんの言葉、皆が一体となって頑張った証でした。

石割山登山は小学生高学年以上を対象としてきましたが、安全対策をしっかり講じた上で、小学2年生ながらも果敢に挑戦する機会を提供し、その頑張りを応援する先生方の強い意識が生徒さん達の感動や成長をもたらす活動になりました。

s1

s2

s3

 <リポート 田中>

聖ヨゼフ学園小学校様 サイト情報:    https://www.st-joseph.ac.jp/primary/

2019-07-08 | イベント報告

2019年6月 聖ヨゼフ学園小学校3年生 「大室山樹海自然体験学習」

2019年6月26日~28日、聖ヨゼフ学園小学校3年生の皆さんが富士山の麓で「自然体験学習」を実施されました。聖ヨゼフ様は1年生から4年生まで毎年富士山麓を舞台に自然体験学習を実施されていますが、富士山ネイチャークラブは1学年から4学年まで継続して活動をサポートさせて頂いています。

今年の3年生も3日間多様なプログラムが企画されました。その中から2日目午前に行われた「大室山樹海の自然体験学習」についてリポートします。

27日の午前中は心配された雨も持ちこたえ、爽やかな森の中での活動が出来ました。先ずは「富士風穴」の入口まで降りて、洞穴から吹き上げてくる冷気を感じながら溶岩洞穴の成立ちを学び、その規模の大きさを体験して頂きました。

s1

樹海を抜けると大室山の通称「ブナ広場」に到着。ここを拠点に班ごとに自然探索を開始。ガイドの案内のもと、生徒さん一人一人が興味を抱き、発見した「自然の現象や営み」を個々にカメラで撮影し、合せてその対象に対するガイドの解説もしっかりメモされていました。写真やメモ情報は事後学習の有効な材料になるでしょう。まさに体験学習と言うよりは一人一人の自主性を重んじた「探究学習」に進化している姿と言えます。

この学年の生徒さんとは3年間のお付き合いです。ある生徒さんから「1年生の時はこんなことを活動したね・・・、2年生の時はこんなことを活動したね・・・うまくいったこと、うまくいかなかったこと、楽しかったこと・・・などなどを本当に事細かく私に説明してくれました。 学年ごとにわずか2,3日間の体験学習ですが、その時の体験内容を鮮明に記憶し、受け止め、整理出来ている事に大きな感動を覚えました。この学年は来年4年生となり、富士山ネイチャークラブとしては最後のサポートになりますが更に実り多き体験となるよう努力して行きたいと思います。

<リポート 田中>

聖ヨゼフ学園小学校様 サイト情報:    https://www.st-joseph.ac.jp/primary/

2019GWイベントのご案内

恒例になっておりますGWイベント「自然素材を使ったクラフト作り」を今年も山中湖「花の都公園」で実施します。皆さまのご参加をお待ちしています。

◆日時:5月3,4,5日  10:00-15:00

◆メニュー: ・フォトフレーム ・アンの帽子 ・タペストリー ・リース ・どんぐりキーホルダー など

フォト3  アンの帽子 s4  s2 パンフ用1

体験料は1200円~1500円です。

予約は不要にて直接会場にお越し下さい。

<田中>

 

2019年3月 スタッフ研修

シーズンオフは、スタッフ研修を積極的に行っています。昨年の11月には「伊豆ジオ研修」を行いましたが、この3月は座学で「森林とのつながりから見た野生動物の生態」「火山のメカニズム」について学び、後半は樹海コースでの「フィールド研修」を行いました。

謎の多い野生動物の生態も、最新の観測技術(GPS調査等)によってその生態が解明されつつあり自然環境や気象状況と密接に関連していることがより明らかになってきています。また、火山(噴火)のメカニズムも海嶺やプレートと大きな関連性があることがデータで示され、改めて日本の地殻の複雑さを学びました。

後半は、フィールドに出て「インタープリター」としての基礎的な要件を確認すると共に、一人一人の個性をどのように活かして行くかについて、研修を重ねました。

当NPOの傾向として、今までは小中学生の比重が高かったが、最近は高校生や大学生に至る幅広い生徒さんや学生さんが対象となっており、ガイドの幅も求められています。

各種研究機関における富士山の調査・研究活動も日々進化しており、最新の研究成果を学ぶ場としても、今後ともスタッフ研修会を重ねて行きたいと思います。

座学

フィールド研修

フィールド研修2

富士山

<リポート 田中>

伊豆ジオパーク/スタッフ研修 2018年11月17日-18日

2018年11月17日-18日、この秋のスタッフ研修は「伊豆ジオパーク」。富士山と伊豆半島は深い関係があり、伊豆半島のジオパークを学ぶことは大変有意義なことです。

1日目は城ヶ崎海岸を地元のジオパークガイドさんに案内頂きました。溶岩流が作り出した海岸線の溶岩台地は当時の状況を顧みる「証」が沢山確認され、大変興味深い半日になりました。

s1

s2

s3

s6

s7

s4

s5

2日目は下田に移動して「竜宮窟」と「恵比寿島」を巡ってきました。恵比寿島では地元のジオガイドさんに詳しく解説して頂きました。1日目の城ヶ崎海岸は地上での噴火活動によって形成された大地、それに対して下田の大地は全て海底噴火で形成されたものです。この大地の対比を観察出来たことは今回のスタッフ研修の大きな収穫になったと思います。 ジオパークは本当に興味深い世界です。

s11

s12

s13

s14

s15

s16

<リポート 田中>

 

1 2 3 4 5 9