toggle
Blog

真夏の夕暮れ♪

カヌーで湖に漕ぎだしたくなります(*^^*)
IMG_20150811_091609

8月8日 養老の森・夏季特別講座ツアー2015

8月8日(土)養老の森・夏季特別講座ツアーが開催され、横浜ビールのみなさんや一般参加の方60名が、
養老孟司さんのお話や、昆虫観察ツアー、川のはじまりさがしと森のツアー、間伐体験を楽しむ1日を過ごしました。
(in 道志村 ネイチャーランド オム キャンプ場)

富士山ネイチャークラブでは、川のはじまりさがしと森のツアーのご案内を担当させて頂きました。

IMG_0410_original

オム キャンプ場にたくさん自生しているオオバアサガラの木としての性格のお話中。

☆オオバアサガラは、岩がゴロゴロしているような渓流によく見らる、パイオニア樹木です。
ひこ生えを出して生長が早く、谷の崩れやすいところをいち早く森にしてくれようとする木です。
6月の夏至前後に咲く白い花は、豪華なかんざしのようで、とても美しいです。

そのオム キャンプ場には沢がたくさんあって、その沢の岩は緑がかった青みを帯びているものが多くみられます。
1700〜1200万年前ごろ海底で活動していた火山が、フィリピン海プレートにのって運ばれ、押し付けられ盛り上がって今の丹沢山地ができました。その丹沢山地の斜面にオム キャンプ場さんがあります。
青みを帯びた石は、その海底火山の石たちです。

こんどは見晴らしのいい尾根に登っていきます。
IMG_0416_original
散歩道も、この日のために歩きやすく整備して下さってあります。

尾根にのぼると、さわやかな風に吹かれ、一面緑の山々が目に入ります。
丹沢の上部のブナ林が、道志川へそそぐ豊かな水を美味しくしてくれます。
IMG_0417_original

いつも、ここ森を歩くと、
森の土から水がわき出して川が始まることを見ることができます。
生まれたての川は何一つ汚れをもたない無垢、

何度見ても、
わき出す水の透明感を、とても美しいと感じます。

☆オムさんでもともと育てていた杉の植林を伐採して出荷し、虫や生き物のたくさん棲む草原そして自然の森へ還していく場所にすることにしました。養老孟司さんと親交のあったオムの社長の大田さんが、多様性豊かな森になるように願って、この見晴らしのよい丘に「養老の森」と名付けました。
2015年から社団法人養老の森として、昆虫観察会など、さまざまなイベントを展開しています。

2015-08-03 | イベント報告

Tシャツ染めました

コスモスポーツクラブのみなさんとTシャツ染めにチャレンジしました。

しぼり染め、模様をつけます

しぼり染め、模様をつけます

こんな曲線もできちゃった

こんな曲線もできちゃった

大きな丸をえがいたよ

大きな丸をえがいたよ

ステキな模様のTシャツが、森の風にゆれています。
幼稚園から小学生の子どもさんたちの力作です。
8/2, 2015
reported by S.N

2015-08-02 | イベント報告

ボーイスカウト練馬5団カブ隊さんたちの、きらめ樹(皮むき間伐体験)in 山中湖村

ボーイスカウト練馬5団カブ隊さんの富士山キャンプにて
1日目(7月31日)は、
ブナ林のハイキング、ネイチャーラリー、そしてフォトフレーム作り。

3日目(8月2日)は、
山中湖村で、きらめ樹(皮むき間伐)体験でした。
日本の森と、私達の暮らしとのつながり、世界の森とのつながりを学び、
その後、自分たちで間伐をしました。

最初に、木の一本一本のサイズを測って、記録。
みんなで考えます。

どの木を未来へ残すかな?

どの木を未来へ残すかな?

きらめ樹(皮むき間伐)始め〜

きらめ樹(皮むき間伐)始め〜

みんなで、むくと高くまでむけます。
かけ声で、タイミングを合わせます。

みんなで、レッツきらめ樹

みんなで、レッツきらめ樹

広い森も

みんなでやればあっという間!

みんなでやればあっという間!

ボーイスカウト練馬5団のみなさま、
楽しい楽しい2日間をありがとうございました。
そして、共に地球の未来を考える時間をすごせて、嬉しかったです!

(s n)

孝徳公園 お祭り!!!

P1100437

あ!

P1100439

あ!

P1100440

お面様だ!

説明しよう
お面様とは、昔々のその昔
村に疫病が、はやったのである。
困りはてた村人が祈祷師に相談したところ
「村の中にお蔵がある、その中にお面があり、それを祀れば疫病は止む」とお告げがあった。
村人が蔵の中をさがすと果たしてお面が見つかりそれを祀ったところ疫病が止まったのである。
そして、幸徳公園にある國福大神社にはそのお面が祀られている。
毎年この時期に御開帳されるのである
めでたし めでたし
P1100442

ヒトッコ一人いなかったいつもの道にシデが飾られ、

 

P1100444

山の奥から何かJポップのベース音がドンスコ聞こえます。

P1100448

このお祭りのころ、
富士吉田は紫陽花がまだのこっています。

さすが標高800m。

P1100449 P1100450

P1100453

イイネエ、こう言う雰囲気大好き

いつもはほとんど人気のない、でも素敵な神社ですが、今日は開かれています。

P1100454

そこっすか。さすが地元のお祭り。(奥にひっそりお面様 見えますか?)

P1100455

それっすか。

でも今流れてるのBOØWYっぽいっす。

P1100458

ここから見る富士吉田の景色は最高です。

でもそれを最も堪能しているのは、サル達です。皆も来てね!

P1100460

お振る舞いです(タダで頂きました)

「カキゴウリ何色がいい?」

と聞かれ

「ミドリ」と答えたら

「ミドリはキュウリ味だから」

と言われました。

P1100462

山奥の神社に人が集まり、花火を上げ、BOØWYを爆音で流す。

地域が文化繋ぐ事は、地域力の維持、ずーっとずーっとずーうううっと引き伸ばして見ると

野生動物との境の強化です。獣害対策の根幹です。

たった今日一日だけでも、地域の方々によって

ここが開かれたこと

本当に大切な意味が沢山あります。

疫病、祭り、お面、これらも香ばしいテーマです

ああカラアゲが美味しい。

それにしても最近のキュウリは甘いなあ、まるでメロンのようだ。

まあとにかく、食い逃げはいかんと、大人のみみっちい 千円を置いていこうとしたら、

お札とお守りを頂きました!

P1100476

やったー!!!!

これで家内安全、商売繁盛間違いなしだ!

ありがとうございます!!!!

 

P1100465

祭りという場の空気のせいか、お面様のせいか、

熱いけど心地よい風、吹いてました。

 

 

文章 FNC 獣害対策室 スタッフ

2015-08-01 | 里山日記

人の道(世界) 動物の道(世界) 

CA3I0021

熱い熱い調査日、 今日もビンビンにきておりますが~、

CA3I0024 CA3I0025

道を阻むは、入っちゃダメよのワイヤー。

CA3I0027

ふと見上げると、 クルミの木にリスが走ります。(写真には写っていませんが)

CA3I0029

彼?彼女?はそのまま 電線の上をサササッと通って川の向こう岸へ

動物達にとっては、電線の上もワイヤーも私達とは違う道(世界)のようです。

彼らはどんな道(世界)を生きているのか?

アンテナ片手にアスファルトの上を行ったり来たりする私を

どの様にみているのでしょう?

CA3I0022

ではまた。

文章 FNC 獣害対策室 スタッフ

 

2015-08-01 | 里山日記

里山日記とは

里山日記とは

P1080522

山の中や

 

P1010395

その境

P1010422

人里で、FNC獣害対策室のスタッフが調査中に見たこと感じたことを

徒然なるままに、したためていく日記です。

真面目なこと、フザけたこと、どうでもいいことをつづっていきます。

ご興味あるかた、どうぞお付き合いくださいませませ。

夏富士♪

IMG_20150703_191204

沢遊び

IMG_20150714_185507水飛沫が心地良いです♪

 

過去のイベント報告

宝永1

富士山ネイチャークラブのホームページをリニューアルいたしました。
2015年3月以前の、過去のイベント報告は、以下のページよりご覧くださいませ。

http://fujisan-nature.com/old/

今後とも富士山ネイチャークラブのHPをどうぞよろしくお願いいたします。

1 6 7 8 9 10