toggle
Blog

沢の音を聞きながら野点です(*^^*)

IMG_20150914_204500

2015-09-21 | 里山日記

里山日記: 食欲の秋さ!

P1120051

ガイシャは、ここにいやした。

P1120050

このガードレール脇にひょいっと顔を出しやした。

 

P1120052

P1120057

P1120056

P1120058

現場にはドングリと、俺と同じ中身カラッポのアケビが残っていやした。

P1120060

林の奥からはキーキーギャーギャーサルの声が聞こえます。

本日もサル目視です。

踏み込むっす。

P1120065 P1120066

横向きでごめんね。

P1120075

P1120074

P1120055

冬を迎える前の今の時期、

山中の実りはとても豊かになります。

生き物は皆その恵みに群がります。

P1120076

 

 

P1120070   P1120073

ナメクジさん キノコは美味しいかね?

P1120069

あ、ズボンに泥が少しついてるなあ。

払う→落ない払う落ちにくいよく見るダニの集団

 

P1120068

・・・・

ダニも私に群がります。

チクショウ!と払い落としていると蚊が群がってきます。

秋は山に分けいることが多いので、これがあるから嫌なんだよ!

去年はズボンを脱いだら赤い斑点が足にいっぱいあったこともありました。

秋の甘酸っぱい思い出です。

チクショウ!

P1120054

 

里山日記:写真文章 獣害対策室スタッフ

 

2015-09-20 | イベント報告

東京の団体さん ほうとう作り体験

2015年9月20日(日)

東京からの団体さん(お子様含めて14名の皆さん)の
「ほうとう作り体験」をサポートしました。

場所は、山中湖花の都公園内の清水館。

元気いっぱいの、子供たちは身支度も完璧で、気合が入っていました。
まずは、スタッフから、なぜこの地にほうとうが根付いたのかを説明させていただき、
作り方のレクチャーへと進む。
s1

賑やかな雰囲気の中で、こねる、具を刻む、延ばす、刻む・・・・ほうとう作りは
着実に進んでいきました。
s2

s3

s4

下ごしらえがが終わると、いよいよ煮込みをスタート、沢山の具が煮あがるころを狙って、
ほうとうを一気に投入。 合間を見計らって、みそで味を仕上げていく。
s9

s5

出来上がりました!
時間は昼12:00、おなかも空いて、一斉に「いただきまーす。」
お代わりもどんどん進む。 平均3杯くらいは行ったね。
s6

気持ちよく完食!
s7

最後に、記念写真。 皆さんの笑顔が素敵でした。
皆様、またお会いしましょう。ありがとうございました。

s8

(T&M)

2015-09-10 | イベント報告

第3回 昆虫まめ博士講座

2015年9月6日 第3回 昆虫まめ博士講座が、道志村のキャンプ場、
ネイチャーランドオムさんにて開催されました。
(主催 養老の森)

植物担当講師として楽しませて頂きました。
観察できた昆虫や、初秋の自然をご紹介いたします。

ジャコウアゲハのサナギ
IMG_0408
幼虫は、白と黒のツートンカラーですが、
サナギになるとがらっと雰囲気をかえています。

サナギは見つけても、決して触ってはいけないそうです。
ヒトが触ると、蝶になれなくなってしまうからです。

アブラムシとアリの関係
IMG_0413
このアブラムシは、ケヤキの樹皮の下の日の当たらないところに棲んでいます。
そのアブラムシを世話するために、アリは地面から木の幹の表面に木屑などで長いトンネルを作っています。アブラムシが日に当たらずに移動できるようにしているのでしょうか。

そのケヤキの樹皮を、そっとめくってみたところです。
アリは、アブラムシをつついて、甘い蜜を要求しています。

また、別の部分では、
樹皮がなくなって明るくなってしまったので、
アリがアブラムシをトンネルの中の暗いところへ引き込んでしまいました。

ツリフネソウとツユムシ
IMG_0372
紅色の花が吊り舟草(ツリフネソウ)
その花の横面に穴を開けながら、花を食べているのがツユムシです。

オビカゲロウ
IMG_0427
羽に黒い帯の模様があるカゲロウ、という名前です。

ホソバシャチホコ
IMG_0421
成虫は落ち葉や、木の幹の色に似せた薄茶色の地味な色あいなのですが、
幼虫は、いろいろな色とラインをオシャレにデザインしています。
食べているのは、雑木林に普通な木、コナラの葉っぱです。

シロテンハナムグリ
IMG_0390
とても忙しそうにシシウドの花に頭を入れて、食事に夢中です。
シシウドは上にのって食事ができるので、
横向きの花にとまれない虫たちも楽々食事ができます。

花の形や色は、虫たちにとって難易度が異なっており、
ツリフネソウのような形の複雑な紫色の花は、
マルハナバチなど、器用に蜜を飲める昆虫を選んで受粉を託しています。
マルハナバチは花を覚えて通ってきてくれるので、確実に受粉してくれるからの様です。

今日、虫たちに大人気のトネアザミ(タイアザミ)とトラマルハナバチ
IMG_0368
後ろ足の付け根に、たっぷり花粉を集めています。
夏が去り、活動できる残り時間が少なくなってきているのか、
どの虫たちもみなエサ集めにほんとうに忙しそうです。

昆虫だけでなく、動物の食べた痕も見つけました。
リスが、今年実っているオニグルミを食べたところ。
IMG_0389
クルミの殻の周りにある緑の果肉を口でちぎってはずし、
殻を歯でかじってパカッと開けて、
中味のクルミを食べたようです。
オニグルミは、野生のクルミで、私達ヒトが食べてもとても美味しいナッツです。
だから、リスも好物ですし、ネズミも好物です。
2015年秋は、クルミが各地で豊作な様です。
来年の春、リスもネズミも子どもたちがたくさん生まれることでしょう。

フシグロセンノウ
IMG_0367
夏の終わり、秋のはじめを彩ります。

アカヤマタケか?
IMG_0433
触れると黒く変色すれば、アカヤマタケ。
腐生菌、森の分解屋さんです。

サンショの実も色づいています
IMG_0399

粘菌の一種の胞子のう
IMG_0432
種名はわかりませんでした。もっとアップできるレンズを手に入れたい!

葉っぱのうらの昆虫たちや粘菌など、さまざまな生き物を発見した参加者のみなさん。講師のみなさんです。みなさん自然への好奇心が強く、虫の名前もたくさん教えて下さいました。
IMG_0434
昆虫の講師をして下さったのが、右端の吉谷さん、そのお隣の有井さんです。
左端が、養老の森を立ち上げ、今回の企画を主催されているネイチャーランドオム社長の大田さんです。

いつもながら、とても楽しい観察会の時間をありがとうございました。
(S. N)

2015-09-10 | 里山日記

里山日記: 咲いた!

デロデロデロデロ~

P1100976

昨日の台風の影響で増水中です。

P1100977

チッ!

P1100978

通れん。

P1100979

山は見え隠れ、セクシーな感じです

P1100987

そんな中 咲きました

P1100982 P1100983 P1100984 P1100985

一つの画角の中に 白赤青の色、贅沢ですね。

自分は子供の頃から彼岸花が大好です。

なんだか

綺麗でちょっと不気味で

ワクワクします。

P1110004

山中内にはキノコも沢山出てきました。

フムフムと歩いていたんです。

そんな中・・・カサッと背後で気配がしました。

P1110009

誰じゃ!

サルじゃ!

 

オトナと子供のサル目視です。

写真には撮ることができませんでしたが・・・・。

フムフム、家に帰ってきたら、

雨が振ってまいりました。

良かった良かった。

 

里山日記 (文章 写真 獣害対策室 スタッフ)

 

2015-09-09 | 里山日記

里山日記:漢(オトコ)の仕事つぁ~のはよぉ!(動画あり) 

 

P1100910.jpg2

高~い 高~い 日本一高~い 富士山山頂 剣ヶ峰 3776m

P1100904

そう 俺らの仕事場は !!!(獣害対策室のスタッフは関係ない)

P1100902

ここじゃけぇのぉ!(剣ヶ峰の崖っぷち)

P1100903

見ちょ~だけで おとろしいけ~のぉ

よ!日本一!シャレではない)

多分、観測所の補修工事です。

観測所について知りたい人はここをポチ→富士山測候所

日本一達の動画を、どうぞ↓

あまりの強風にブレブレになるのがお分かりいただけたけたでしょうか?

こ~れ~ぞ~

オ~ト~コ~の〜仕事じゃけぇのぉ!

はい、もう一度

よ!日本一!

 

里山日記 (写真 文章 動画 獣害対策室)

2015-09-07 | 里山日記

氷(鼻水じゃあない!)

 

CA3I0071

9月初め

CA3I0060

寒い寒い 富士山 9合目

CA3I0062

あ!

CA3I0064

お!

CA3I0056

CA3I0065

見つけたよ!

 

CA3I0053

見つけたけんね!

CA3I0063

 

秋の気配をぶっ飛ばして

 

CA3I0055

 

人柱・・じゃない!

霜柱

 

CA3I0074

CA3I0069

CA3I0085CA3I0076

ツララ~

ツラツラ~

CA3I0082 CA3I0083   CA3I0086

 

まだまだ登山客はいっぱいですが

 

CA3I0080

CA3I0061

 

もうすぐ このお山ともお別れですね

今年も ありがとうございます!

 

 

里山日記  (文章 写真  獣害対策室)

神奈川キノコの会 観察会参加

2015年9月6日(日)

富士山御殿場登山口(太郎坊)で開催された、神奈川キノコの会のキノコ観察会に初参加してきました。まずは、フィールドに出て、個々にキノコの採集を行います。ここでは、より多くの種類を集めて、このエリア、この時期での植生を確認します。

スギタケ

実力不足で、私らが採取できたキノコは15種類程度。情けない。

会員の皆さんが採取したキノコが次々に並べられ、分類同定会の準備が進む。会員の手によって分類され、次々に名前が特定されていく。自分にとって初めて見るキノコも多い。

分類同定

分類同定2

イグチ科も8種類ほど集まった。

イグチ類

名前を同定できないキノコも4、5種類ありましたが、全体で70種類ほどのキノコが同定された。今回初対面のキノコで、最も印象に残ったのが「ナスコンイッポンシメジ」。形も色も本当にきれいなキノコだ。

ナスコンイッポンシメジ

同定が一通り終わると、ここからが観察会のメインイベント。三村先生(副会長)の詳細な解説が始まる。目からうろこの内容が、次々に解説される。参加者は食い入るように見て、聞き、メモする。

三村先生

有益な情報を1つご紹介します。キノコ中毒で最も多いのが「クサウラベニタケ」。間違える対象は「ウラベニホテイシメジ」。

クサウラベニタケ(毒):細身の柄、噛んでも苦くない。

ウラベニホテイシメジ(食):太めのしっかりした柄、カスリ模様の傘、噛むと苦い。

柄の判断は難しいと思うが、傘の模様、噛んだ時に苦いか、苦くないかで明確に判断できます。参考にしてください。

2時間程度の採取時間でしたが、この時期、このエリア(富士山麓 太郎坊)に70種類ものキノコがの存在が確認された。自然が豊かな証拠だ。

<T&M>

 

2015-09-03 | 里山日記

協議会

P1100974

ムッハ~

P1100971

ああああ

P1100972

会議って 緊張するっす。

高まるノミの心臓。

今回は我々の成果報告を致します。

IMG_2608

準備をすればするほどに

知れば知るほどに、

自分の無知さがよくわかる。

IMG_2610

どんな情報も、扱いかたによって

時に、人を困惑させ、惑わせ、誘導します。

本当の意味で、市民の方々の為になる言葉ってなんだろう?

限られた時間の中で、正確に、謙虚に、成果の全てをお伝えする。

 

まだまだ精進が足らん!

正直そう思います。

 

 

里山日記 (文章 獣害対策室)

2015-08-29 | イベント報告

静岡からの大学生 ほうとう体験

2015年8月27日

静岡の大学生22名の「ほうとう体験」をサポートしました。

雨上がりの山中湖畔は涼しくて、ほうとう体験日和になりました。

さすが大学生、力強いこねで、腰の強い麺が出来上がっていく。

ほうとう作り1

具を刻むメンバー、包丁使いの達人も。

鶏肉の匂いに誘われて、幾度となくキイロスズメバチが襲来も、

めげずに、ほうとう作りは進む。

ほうとう作り2

今回は、こねる、延ばす、切る、味付け、各々の達人ばかり!

ほうとう作り3

ほうとう作り4

最高に美味しい出来上がりでした。

ほうとう作り5

お食事タイム、皆さんの笑顔は、サポートしたスタッフの最高の喜びです。

皆様、またお会いしましょう。

(M・T)

1 7 8 9 10 11 12 13