toggle
Blog
2015-08-23 | 里山日記

小さきこと

P1100478

富士山5合目から6合目辺りから、

背の高い植物がいなくなってきます。

P1100524

P1100482

一馬力の馬たちとも

P1100520

6合目から7合目のあいだでお別れです。

どうも肺の構造か、なにかの関係で彼らはそれ以上登れないそうです。

P1100486

標高の高い所では、強烈な雨や風に耐えれる、というか耐えざるおえない形をした植物達だけが残っていきます。

過酷な山頂に近づくにつれ

飛ばされないように 剥ぎ取られないように

P1100673

低く、小さくなっていきます。

P1100342

P1100340

 

人間ですら、しっかりした装備、

P1100578

避難できる建造物がないと

夏であってもこの山の上で生きることは難しい気がします。

 

そのような過酷な世界に

身一つで生きる

P1100560

小さな動物たちがいます。

P1100571

この子は多分 イワヒバリ君orさん

8合目辺りで餌の虫を貪欲に捉え、力強い声で鳴いています。

私は山で会う鳥達を過酷な世界で生きる同士と思い

全員ピヨチャンと読んでいます

P1100575

そして岩の隙間等に身を寄せ、暖かくなると飛び立つ昆虫達

こちら多分ピヨチャンからの攻撃の回避に成功した、蛾です

富士山頂でも時々、沢山の小さな虫が飛び交うのを見ることができます。

 

下に住んでいる時、取るに足らなかった小さき命達

 

酸素と共に、命の数の濃度も薄くなる山頂近辺

小さな小さな羽ばたきが、時に、身近に強く聞こえます。

P1100692

君たちって すごいよ すごすぎる!

素直に思っちゃいます。

 

里山日記
文章 写真 獣害対策室 スタッフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-08-23 | 里山日記

恐山

P1100661

P1100678

 

よく来てくれた そしてよく呼んでくれた

 

今日はイタコに
無き夫の口寄せ(クチヨセ)をしてもらうために
恐山にきました

 

P1100721

 

嘘です

 

P1100680

 

 

富士山です

 

 

P1100665

 

お盆過ぎの富士山の温度はどんどん下がってきます

 

P1100722
真っ白に霧に包まれ、人っ子一人いない富士山山頂は
とても神秘的です

 

P1100719

霧と岩だけの世界に囲まれ

お鉢をめぐると

P1100731

私は 何をしてきたのだろう などと

感慨深くなることがあります

P1100747

P1100744P1100755

 

そして 時に霧が晴れ とても高いところにいた事に気づきます

 

P1100714

 

そして すぐまた霧が 濃くなります

 

P1100735

 

この山が霊山として崇められるのが、理解できそうな気がします。

 

P1100717

 

 

里山日記
文章 獣害対策室 スタッフ

 

2015-08-20 | イベント報告

ステキなフォトフレームたくさんできました!

2015 8月19日(水)
レックテニススクールの子どもさんたちが、
夏休みの合宿でフォトフレームの創作体験をしました。

いろいろな自然の素材を組み合わせて、
顔を描いたり、重ねてのせて立体化したり、
生け花風にしたり、リボンを活かしたり、
やわらかな発想のデザインがたくさん登場!

ステキな作品の一部をご紹介します。

IMG_0297

IMG_0296

IMG_0293

IMG_0287

☆活動場所のご協力 山中湖村平野 白銀荘さん 湖の風のそよぐ広場にて
レック興発のコーチのみなさま、白銀荘さま、
今年も楽しい作品作りの時間を、ありがとうございました。

2015-08-17 | イベント報告

子どもさんたちの、ステキな夏の作品そろいました!

7月25日〜26日、8月1日〜16日
花の都公園で開催されていたホームワークスタジオが終了いたしました。
今年もステキな作品がたくさん出来ました!

夏の時計

 

 

海のおとの時計

 

富士山タペストリー

アンの帽子

 

花のタペストリー

 

富士山タペストリー

木の実たちタペストリー

 

時計 レストランテ

花園の時計!

どんぐりキーホルダー

☆いずれの作品も、ご予約にて団体さまでの創作体験が楽しめます。
どうぞなんでもご相談下さい。
いろいろな種類の素材をそろえて、楽しみにお待ちしております!!

ご相談先 NPO法人富士山ネイチャークラブ 事務局(なんば)
電話080−3623−3282
npo@fujisan-neture.com

2015-08-16 | 里山日記

なーぜかな?

P1100635

なーぜかな?

なーぜかな?

P1100636

栗の木ないのに栗の実落ちてる

なーぜかな?

だーれかな?

P1100638

そーんな帰り道

P1100647

あ!

P1100648

火が燃えてる!!!

 

 

P1100645

そっか今日は送り盆。

 

P1100639

涼しくなってきたお盆の終わりは、吉田の街中で家の前で人が火を燃やしています。

送り火です。

P1100642

亡き人を火で迎え、火で送る
火と人の不思議な関係です
おはぎ食べよっと
文章 (獣害対策室 スタッフ)

 

 

2015-08-15 | 里山日記

火星

 

P1100488

みなさん、こんにちわ。

地球外生命体の調査で

火星に来ております。

 

 

 

 

P1100512

嘘です

富士山です

 

 

里山の定義は

集落人里に隣接した結果、人間の影響を受けた生態系が存在するをいう。

BY Wikipedia

だそうな

 

P1100497

 

P1100511

ここ(富士山)も日本の里山なのかしら?

 

 

 

 

 

 

 

 

真夏の夕暮れ♪

カヌーで湖に漕ぎだしたくなります(*^^*)
IMG_20150811_091609

8月8日 養老の森・夏季特別講座ツアー2015

8月8日(土)養老の森・夏季特別講座ツアーが開催され、横浜ビールのみなさんや一般参加の方60名が、
養老孟司さんのお話や、昆虫観察ツアー、川のはじまりさがしと森のツアー、間伐体験を楽しむ1日を過ごしました。
(in 道志村 ネイチャーランド オム キャンプ場)

富士山ネイチャークラブでは、川のはじまりさがしと森のツアーのご案内を担当させて頂きました。

IMG_0410_original

オム キャンプ場にたくさん自生しているオオバアサガラの木としての性格のお話中。

☆オオバアサガラは、岩がゴロゴロしているような渓流によく見らる、パイオニア樹木です。
ひこ生えを出して生長が早く、谷の崩れやすいところをいち早く森にしてくれようとする木です。
6月の夏至前後に咲く白い花は、豪華なかんざしのようで、とても美しいです。

そのオム キャンプ場には沢がたくさんあって、その沢の岩は緑がかった青みを帯びているものが多くみられます。
1700〜1200万年前ごろ海底で活動していた火山が、フィリピン海プレートにのって運ばれ、押し付けられ盛り上がって今の丹沢山地ができました。その丹沢山地の斜面にオム キャンプ場さんがあります。
青みを帯びた石は、その海底火山の石たちです。

こんどは見晴らしのいい尾根に登っていきます。
IMG_0416_original
散歩道も、この日のために歩きやすく整備して下さってあります。

尾根にのぼると、さわやかな風に吹かれ、一面緑の山々が目に入ります。
丹沢の上部のブナ林が、道志川へそそぐ豊かな水を美味しくしてくれます。
IMG_0417_original

いつも、ここ森を歩くと、
森の土から水がわき出して川が始まることを見ることができます。
生まれたての川は何一つ汚れをもたない無垢、

何度見ても、
わき出す水の透明感を、とても美しいと感じます。

☆オムさんでもともと育てていた杉の植林を伐採して出荷し、虫や生き物のたくさん棲む草原そして自然の森へ還していく場所にすることにしました。養老孟司さんと親交のあったオムの社長の大田さんが、多様性豊かな森になるように願って、この見晴らしのよい丘に「養老の森」と名付けました。
2015年から社団法人養老の森として、昆虫観察会など、さまざまなイベントを展開しています。

2015-08-03 | イベント報告

Tシャツ染めました

コスモスポーツクラブのみなさんとTシャツ染めにチャレンジしました。

しぼり染め、模様をつけます

しぼり染め、模様をつけます

こんな曲線もできちゃった

こんな曲線もできちゃった

大きな丸をえがいたよ

大きな丸をえがいたよ

ステキな模様のTシャツが、森の風にゆれています。
幼稚園から小学生の子どもさんたちの力作です。
8/2, 2015
reported by S.N

2015-08-02 | イベント報告

ボーイスカウト練馬5団カブ隊さんたちの、きらめ樹(皮むき間伐体験)in 山中湖村

ボーイスカウト練馬5団カブ隊さんの富士山キャンプにて
1日目(7月31日)は、
ブナ林のハイキング、ネイチャーラリー、そしてフォトフレーム作り。

3日目(8月2日)は、
山中湖村で、きらめ樹(皮むき間伐)体験でした。
日本の森と、私達の暮らしとのつながり、世界の森とのつながりを学び、
その後、自分たちで間伐をしました。

最初に、木の一本一本のサイズを測って、記録。
みんなで考えます。

どの木を未来へ残すかな?

どの木を未来へ残すかな?

きらめ樹(皮むき間伐)始め〜

きらめ樹(皮むき間伐)始め〜

みんなで、むくと高くまでむけます。
かけ声で、タイミングを合わせます。

みんなで、レッツきらめ樹

みんなで、レッツきらめ樹

広い森も

みんなでやればあっという間!

みんなでやればあっという間!

ボーイスカウト練馬5団のみなさま、
楽しい楽しい2日間をありがとうございました。
そして、共に地球の未来を考える時間をすごせて、嬉しかったです!

(s n)

1 8 9 10 11 12 13