toggle
Blog

2017 GWの森遊び~気分は忍者の里~<満員御礼>

ご報告

以下にご案内いたしました「2017GWイベント」は、定員を大きく上回るお申し込みをいただきました。誠にありがとうございました。

5月4日 18:00をもって「満員御礼」とさせていただきます。

今後も「自然を思いっきり楽しめる体験イベント」をいろいろ計画して参ります。どうぞ、ご期待ください。

GWの森遊び ~気分は忍者の里~

新緑の森の中で食材探しとほうとうつくり忍者修行で生き抜く力を鍛えよう!

・・・忍術とは総合的な生存技術なのである・・・

忍者2 忍者1 忍者4 忍者3

█イベント内容

食材探し     森の中で植物を見分ける力を鍛えよ                                                                食べられる植物を天ぷらでいただきます

ほうとう作り      麵作りから始めます。山梨の郷土食を学ぼう

忍者修行で体を動かそう!   

                              火起こし、弓矢つくり、手裏剣道場、木登り、パチンコなど                                                 

日時:2017年5月6日(土)10:00-14:00ごろまで

                            受付 9:40より(雨天中止)

〇場所:村営山中湖キャンプ場

〇参加費                                                               大人        2,000円

小学生     1,500円

4歳以上 1,000円 3歳以下無料 (未就学児童は大人の方同伴)

キャンプ場使用料 小学生以上 別途300円

〇服装 持ち物

・動きやすい服装

・昼食(おにぎり程度)、飲み物、火起の火で網焼き出来る食材

(ウインナーなど簡単に焼けるもの)

〇定員 30名 (ご予約下さい)

 

<問い合わせ、予約先>

NPO富士山ネイチャークラブ

TEL  :080-3623-3282(事務局)

Mail:npo@fujisan-nature.com

HP      :http://fujisan-nature.com/

 

*イベント中の事故につきましては、保険の範囲を超えての責任は

負いかねますのでご承知おきください。

 

2017-03-26 | 里山日記

里山日記:反撃の狼煙 IN 春

P1160972

何もない、何の変哲もない山の斜面の写真です。

3秒前にサルが通りました。

発信機の反応を頼りに山をわけ入り、町を見渡せる斜面に、実は小さな祠(ほこら)がありました。写真は無いよ。これ、多分「ハクサゴンゲ」←ごめん。漢字忘れた。

説明しよう。ハクサゴンゲとは、富士吉田市、下吉田の下浅間神社で毎年行われている神事の一つで、いい年した総代さんたちと神職が無題2  初夏のクッソ暑い時、道なき山の急斜面を踏み分け、この祠へ来て囁かなお祭りをします。

農作物が虫の被害に遭わぬよう。虫払いの儀式です。

街の人、多分ほとんどしらない地味な祭り。でもこの感じがいいよね。

今日はもちろんお堂はしまり、ひっそりしています。

フムフムお祈りして、

帰ろうとした矢先に、私をあざ笑うサルのケツ。

フムけしからん。

春、サルバライ、反撃の狼煙である。

バーン

とな!花火を打ち上げちゃりましたけん。

頭から火薬の粉をかぶり、フムフム クシャイクシャイと帰路に帰るのである。

アーメン。

 

 

写真 文章 : 地味に歩みは遅いが 必ず追い詰めるゼヨの対策部

 

 

2017-03-16 | 里山日記

里山日記:リーダー育成ほにゃほにゃにて

クッソ忙しい年度末、鳥獣害対策専門員として、講義します。

某合同庁舎。

まずは、雨の中、サル、シカ、イノシシの自作の柵の講習、獣塀(じゅうべい)くんライト。

これは本当にいい鳥獣害の柵です。

安く、安全に、効果的に。

市民の方々が、小さな畑を囲むののとても優れた柵です。

開発された方、本当にお見事です!!!

気になる方はここ↓をチェーっく(URLのところにコピペして見て)

https://www.pref.yamanashi.jp/sounou-gjt/documents/light20120711.pdf

 

P1160920

そんなわけで室内に戻ったら、

ハ~イ 行くよ~ 

おサル対策のお勉強。

P1160923

ウェーイ。人里の餌食うサル→増えるサル→ヒト追い払いう→追い払ったサル戻ってくる→皆嫌になる→終了。

この悪循環を断つ!!!

楽じゃないから覚悟して!!!

私も応援しますから。

そんなわけで、顔なじみの方々から、初めましての志し高き、地域の方々、公共で働く方々へ向けて、精一杯お話しさせて頂きました!!!

ウェーイ。

頑張った自分へのご褒美にコーヒ-飲んで帰ろっと。

 

写真、文章 : チョットは社会の役に立つふりをする対策部

 

 

 

 

野生動物と私達 お話し会 無事終了♥

野生動物と私達のお話し会 無事終了。

忙しすぎて写真を撮る暇がなくて、

せっかくのマフィンを少し齧った時、アーって写真を撮りました。

P1160825

 

そんなわけで、サルのような食いクサし。

私が作るお菓子とは違って、流石フルウントさん。ネイチャークラブで採った放棄果樹の干しガキを紅茶でグラッセとか何とかとかにして、暖か美味しい焼きたてマフィン(*゚∀゚*)、豆乳のクリームがまた美味しかったのですが、いかんせん食いクサし。

お見上げに同じマフィンをもらってもう一度カッコイイ写真を撮ろうとしたら、

アーッってあっという間に近所の奥様に四分割されてしまい、またも何か・・・な感じ。

 

P1160826

しゃーない。これもしゃーない。

実際に被害にあった人でない方々へのお話し会でしたが、皆さん私のふざけた話に真剣に耳を傾け、沢山を質問を投げかけて下さり、嬉しく思いました。

正しく知ることは、きっと両者を護ること!!

これが、小さな小さな私の信じているテーマです。

 

多忙につき、ブログゾンザイ対策部

 

 

 

2017-02-10 | 里山日記

お話し会 ~野生動物と私たち~

皆さまこんにちわ。

鳥獣害対策室よりイベントの告知です。

来たる2月19日 ベジカフェフルウント甲府にて野生動物と人との関わりを、特にニホンザル被害をテーマにしたお話し会をします。

一般の方々でもと~ってもわかりやすい内容になっております。

鳥獣害対策をテーマにした美味しいお菓子付きです。

どうぞふるってご参加下さい

 

  • 開催場所

Veggie Café  Fluunt KOFU(ベジカフェ フルウント甲府)

山梨県甲府市中央1-1-7 飯田ビル1F 甲府中央商店街 桜町通り

☎ 055-232-7789

注)駐車場はございません。最寄りのコインパーキング等をご利用下さい

  • 開催日時 2月19日(日曜)15:00~17:00
  • 参加費 1800円(小学生以下800円)お茶 お菓子付き
  • 予約受付電話 090-4457-2065(クラオカ)又は 055-232-7789(フルウント)まで

定員15名 要予約

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下はイベント記載です

テーマ

農作物が食べられた。人間が襲われた。家屋が破壊された。

時折TV等で見かける、野生動物と人とのトラブル。

なぜ動物たちが人里におりてきて、人に危害を与えるようになったのか?

山梨県の鳥獣害対策専門員が、ニホンザルをメインにその疑問にお答えします。

と・・・言いますか・・・皆で一緒に考えていきましょう!!!!

内容

調査現場で撮影した写真や動画を見ながら野生のニホンザルの生態、彼らが人里に降りて起こす問題と、その問題に対する適切な対処法もご紹介。生態調査を行い得られたデータをもとにした模型を持ってみましょう。彼らの力や筋肉のイメージをしてみましょう。そして被害現場から見えてくる私達人間が抱える本当の課題を学んでいきます。

食べるだけで、人と野生動物の共存を感じられる!そんな都合のいい当日限定のフルウントさんとのコラボ菓子(ビーガン対応)とお茶を交えて、皆さまの質問にお答えします。

無線、発信機、エアーガン、スリングショット、花火など実際に調査や獣害対策で現場で使われる珍しい機械をご用意、触れていただきます(火気銃器の発射はできません)。

難しい話は一切なし!で、頭、目、鼻、口全てを使い、体で動物達を感じ、楽しく美味しく、野生動物と人との問題を学び考えていける場になれば幸いです。

★お勧め対象の方々★

野生動物が好きな人、好きだけどどうしたらいいか分からない人、襲われたくない人。

鳥獣被害問題に興味があるかた。

野生動物達の生きるルールを知りたい方!

地域振興に興味がある人。美味しいヘルシーな物が好きな人!

ただただ、面白いことが大好きな人!

※実際に深刻な被害に遭われている市民、自治体の方々への講座は別途ご用意致しております(下記携帯番号へご連絡下さい)。今回ご提供する知識は中学生以上を対象としたものとなりますが、小学生以下のお子様のご参加も可能です。

 

お話しする人:藏岡 登志美( 山梨県鳥獣害対策専門員、農林水産省登録農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー、富士山ネイチャークラブ鳥獣害対策担当 )

以下↓はとっても真面目なチラシです

チラチラチラシ

 

2016-12-26 | イベント報告

2016.12.23 「門松作り」イベント報告

2016年、今年最後の一般者向けイベント「門松作り」を山中湖花の都公園で開催いたしました。年々参加者が増え、作った門松は全部で約40個。ご参加頂いた皆さま、年末の忙しい中ご参加頂きありがとうございました。

自然素材の風合いに満ちた、竹、松、笹、南天、センリョウ、キンカン、稲穂・・・そして、水引、稲穂梅の花などの飾り物は全て手作り品。 作り方の作法はありますが、思い思いの作り方で個性あふれる作品揃いとなりました。

門松に年神様をお迎えして、どうぞ良い新年をお迎え下さい。

■スタッフが用意したサンプル、素材、飾り物など

s3

s11  s10

■参加者の方々の作品をご紹介します。(掲載の許可を頂いた方々です)

s12 s13  s14

s15  s16  s17

s18  s19

年末恒例のイベント「門松作り」は、毎年実施する予定です。来年も多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

<T.T>

 

2016-12-20 | イベント報告

2016.12.17 古田島総合高校PTA 門松作り

12月17日(土)神奈川県立古田島総合高校PTA様の「門松作り」をサポートしました。なんとスタートして今年で10回目(10年目)のイベント。PTAの皆さんは毎年入れ替わりますが、経験がある2,3年生のPTA様は、初めての1年生のPTA様をいろいろご指導いただくなど、回を重ねるごとにスムーズな門松作りとなっています。門松がこれだけ勢ぞろいすると、教室全体が凛とした雰囲気になりました。皆様どうか門松に福の神を呼び込んでいただき、素晴らしい新年となりますようにお祈りしています。そして、来年もご予約いただきました。またお会いしましょう。

%e5%8f%a4%e7%94%b0%e5%b3%b6%ef%bc%91 %e5%8f%a4%e7%94%b0%e5%b3%b6%ef%bc%92  %e5%8f%a4%e7%94%b0%e5%b3%b6%ef%bc%93

2016.12.23(祝)門松作り

富士や高い山々の頂には真っ白な雪の帽子が輝いて、師走の便りも、もうすぐですね。

富士山ネイチャークラブ今年最後のイベント「門松作り」のご案内です。

福の神をお招きするする準備を整えて、新年を迎えましょう。

自然素材を使用した本格的な門松作りですが、スタッフが懇切丁寧に指導いたします。

どなたでも素敵な門松が作れます。

 

■日時:12月23日(祝)

10:00-15:00(受付は14:30まで)

■場所:山中湖村 花の都公園 フローラルドーム内

入場料は無料ですが、駐車場の料金がかかります。

■体験料(材料費込み)

大(高さ75cm位) お一つ飾り 3000円

大(高さ75cm位)    一対飾り(2個) 6000円

小(高さ60cm位) お一つ飾り 2500円

小(高さ60cm位) 一対飾り(2個)5000円

玄関先飾り、室内飾り、いずれの用途にも対応出来るサイズです。

%e9%96%80%e6%9d%be%ef%bc%91

昨年のイベントの模様は、富士山ネイチャークラブのHPでご紹介しています。

http://fujisan-nature.com/blog/2015/12/29/2015%e9%96%80%e6%9d%be%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%80%80%e3%81%94%e5%a0%b1%e5%91%8a/

どうぞご覧ください。

 

<お申し込み>

・HPのお問い合わせフォーム

・Mail  npo@fujisan-nature.com

・TEL  080-3623-3282 (事務局 田中)

いずれからでも結構です。

皆さまのご参加、お申し込みを心からお待ち申し上げております。

2016-11-11 | 富士山自然便り

晩秋の桂川(忍野)水めぐり

忍野を流れる「桂川」は、富士や近郊の山々の湧水を源とする透き通った水が流れ、そして自然のままの姿・情景を保ち、また多くの恵みも提供しています。秋深まるこの季節の魅力をご紹介します。学校関係の体験学習コースとしてもお奨めしているコースですが、プライベート探索コースとしても大変お奨めです。色々な発見に遭遇することが出来ます。

「富士と湧水」「水と生活(水の活用)」「川底が見える澄んだ水」「溶岩流と地形」「噴火口(大臼、小臼)と川の流れ」「川底の土壌構成」「理論的に蛇行する自然の川」「渓畔林」「水生植物」「水生動物、水鳥」「川の3作用(浸食、運搬、堆積)の状況」・・・などなど自然の川の営みが手に取るように確認できます。

「おしの公園→湧水の里水族館→忍野八海」をゆっくり歩いて1.5時間程度。スタート地点のおしの公園の目の前にある川が「桂川」です。川岸に近づくと護岸工事のない自然の川の姿が現れる。生き物たちが住み易い川だと直感できる。

s1

s20

小橋を渡って対岸に進みます。 その先に現れる川の情景は自然そのもの、ずっと見ていても飽きない。心が癒やされる光景だ。

s4

サワグルミ、オニグルミ、ミズキ、クリ、カツラ、コブシなどの「渓畔林」が美しい。

s5

急な流れ、穏やかな流れ、蛇行する流れ、全てが自然の川の営みです。

s6

中間点となる「湧水の里水族館」はこの写真の右側になります。

s17

後半は、水族館の前の橋を左に渡って再び川岸の小道に入ります。透き通った川の水は、川底がはっきり見える。魚の姿(コイ、ニジマス、ヤマメなど)もはっきり確認できる。

s7

s14

桂川にはいくつもの川が合流しています。写真は桂川(右側)と新名庄川(左側)の合流地点。桂川の水量は10倍程度あるように見える。本流とする所以でしょう。

s9

さらに進んで行くと、忍野八海最初の湧水「お釜池」が現れる。小さな湧水池だがそれでも毎秒ドラム缶1本分の水が湧き出ている。付近には「梅花藻」が水中を泳ぐように植生している。残念ながら11月は花の時期が終了している。

s15

s10

さらに上流に向かうと、新名庄川(左側)と阿原川(右側:忍野湧水)の合流ポイントがある。水温は5度Cくらいの差がある。このコースはここでゴールとなります。ここから先は観光客で騒然としており、自然探索には馴染まない。

s11

湧水は昔も今も大きな恵みをもたらしています。昔は水車を回して粉ひきの動力として、また飲料水・生活水として、農業用水として、魚の養殖水として、水力発電(忍野に2ヶ所)の水として・・・重要な役割を担って来ました。富士山信仰の信者の禊ぎの場としても重要な役割りを果たしてきました。桂川(湧水)は相模川を下り、神奈川県立寒川取水場から湘南地域の水道水として供給されていることも知っておきたい。川の自然と機能(役目)が見事に両立している姿である。

2016-11-10 | イベント報告

森の感謝祭 2016.11.5

この一年の活動を支えてくれた自然に感謝の気持ちを込めて、11月5日、森の感謝祭イベントを行いました。10家族が参加し、スタッフ含め、総勢50名が元気に落ち葉で彩られた山中湖の森の中を駆け巡りました。

木登り、パチンコ、丸太や枯葉を利用した新しいラリーも登場し、幼児から小学生、大人まで挑戦しました。子どもより大人が夢中になるのが、火おこし。今年は成功率が高く、大人の笑顔が特に輝いていました。

s14

s2     s3

s4

s5

s6

たき火を囲んで、ランチの休憩をはさみ、午後はネイチャービンゴで森を散策。自然観察というとちょっと堅苦しいのですが、静かに耳を研ぎ澄ますと聞こえてくる鳥の声や、森の木々も触るとすべすべな木、うろこのように覆われボコボコした木などさまざまあることが分かります。降り積もった落ち葉だって大きさも色も形も多種多様。参加者ひとりひとり、新しい発見ができました。森が教えてくれることは、本当にたくさんあります。

s7

s8

s9    s10

s11

皆さま、来年も森の秘密を探しに来てください!

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 13